FC2ブログ
【日給2万×30日=月収60万】インターネット上に転がっている●●●を集める 「IT廃品回収ビジネス」を買いました!
感想ブログはコチラ。

最近のアダルトサイトの手口であるワンクリック詐欺ならずツークリック詐欺の防止法。

アダルトサイトには興味があるけれど、よくあるワンクリック詐欺や最近では ツークリック詐欺などという手口も増えて、不安です。 でも詐欺サイトの手口や対処法など知っておけば、被害にあっても大丈夫です。 またこのサイトではアダルトサイトに関する知識も提供しております。 まずはアダルトサイトについて理解しましょう。

きちんとした知識を持ち、安全な使い方をすれば怖いことはありません。
アダルトサイトに対して不安を感じている人は、まずメニューをご覧ください。

TOPページ >スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

 



Yahoo!ブックマークに登録 Yahoo!ブックマークでこのサイトを登録している人数 人 | Google ブックマークに登録 | はてなブックマークに登録 | livedoorクリップに登録 | del.icio.us に登録 | Buzzurlに登録 Buzzurlにブックマーク
TOPページ >コンドームの始まりは?
コンドームは誰が発明したのでしょう?

17世紀頃、イギリスにチャールズ二世という国王がいたそうですが、この国王、大変な
精力絶倫家で、連夜、愛妾たちとセックスにふけっていたので次々と妊娠させてしまったそうです。

それを見かねた、お抱え医師コントンが、絹製の「亀頭帽子」という避妊具を発明し国王に献上し、大層喜ばれたそうです。

これがコンドームの始まりで、その医師の名前をもじってコンドームと名付けられました。

日本には、江戸時代頃にオランダから伝来し「茎袋(まらぶくろ)」という生々しい(笑)
名前で売り出されました。当時の素材は防水加工した絹や麻、羊の盲腸、魚の浮袋、
薄く削った皮革、豚の腸などで結構売れていたそうです。

その後、明治時代にルーデ・サック(オランダ語でペニス袋)
という名前で出回っていましたが、当時は避妊具というより、梅毒などの性病予防に使われていた
ようです。

コンドームという言葉が日本に入ってきたのは大正のころ。

その頃、輸入ものではなく「ハート美人」という名前の国産品コンドームも登場。
この国産コンドームは明治42年に小島久太郎という薬局の主人が、風船屋の技師に頼んで
研究してもらい、何度も失敗したのち、やっと商品化したもので、これが国産品第一号。
国内では売れ行きのトップを占めていたそうです。

戦時中は外来語の使用は禁止なので「突撃一番」「鉄カブト」
などという名称で呼ばれていたようです。
コンドームの日本語訳

戦後はぐんと技術が向上し、いまや性能は世界一といわれる日本のコンドームです。

※「異色ルーツ雑学ブック」山口賢裕著 啓明書房(平凡社)より引用させて頂きました。
スポンサーサイト
FC2公認の男性用高額求人サイトが誕生!
稼ぎたい男子はここで仕事を探せ!
デリヘルもソープもイメクラも気に入った子がきっと見つかる
超大型リニューアル中の大好評風俗情報サイト!
[PR]

 


コメント:1 | トラックバック:0
Yahoo!ブックマークに登録 Yahoo!ブックマークでこのサイトを登録している人数 人 | Google ブックマークに登録 | はてなブックマークに登録 | livedoorクリップに登録 | del.icio.us に登録 | Buzzurlに登録 Buzzurlにブックマーク





Secret






トラックバックURL
→http://iineadult.blog39.fc2.com/tb.php/53-b5f8905f


COPYRIGHT@2008 アダルトアフィリエイトで稼ぐ.com Adult Affiliate Master Program ALL RIGHTS RESERVED.
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。